FIFAワールドカップカタール2022 日本代表選手応援企画 クリック

イギリスのVAT Number (付加価値税番号)の登録要件について簡単解説!義務か任意かの線引きは?

スポンサーリンク

サディキズ会計事務所よりご提供させて頂く「簡単解説シリーズ」ですが、今回はイギリスのVAT Number (付加価値税番号)の登録についてです。登録要件や、義務なのか任意なのかの線引きもご紹介致します。

目次

VAT Number (付加価値税番号)がある場合

VAT Number (付加価値税番号)とは、商品やサービスに

20%を上乗せ

して販売する為に必要となる番号です。

例えば、£100の商品を売る場合は£120で販売します。

£100が売上で、£20が徴収したVATとしてHMRCに納税する必要があります。

逆に、£100の商品を仕入れて、VAT20%分の£20を追加で支払った場合、この£20はHMRCより還付として受け取る事ができます。

VAT Number (付加価値税番号)の登録要件

VAT Number (付加価値税番号)の登録要件についてお話します。

月末の段階で

売上高の合計(過去12カ月間の課税対象分)

がVAT Number (付加価値税番号)登録を義務付けられる金額である、

£85,000(2022年時点)

を上回っている場合は登録しないといけません。

VAT Number (付加価値税番号)の登録を任意でする?

前述した、義務要件を満たしていない場合はVAT Number (付加価値税番号)の登録をする必要はありません。

それでも、企業の中にはVAT Number (付加価値税番号)「任意」(Voluntary)で登録される場合があります。

販売が英国外

イギリスでビジネスを展開している企業の中には、

商品販売は英国外
仕入・経費は英国内

という状況も結構あります。

この場合ですと、

売上のVATはゼロ
仕入・経費は20%払う

という状況がおきますので、

VAT Number (付加価値税番号)と登録しておけば、20%分の還付を受けることができます。

マーケット調査が主目的

或いは、マーケット調査が目的の支店である場合・・・

売上はゼロ
経費は英国内

といったケースもあります。

この場合ですと、

売上のVATはゼロ(売上が無いので)
経費は20%払う

という状況がおきますので、

VAT Number (付加価値税番号)と登録しておけば、20%分の還付を受けることができます。

但し、注意が必要です。というのは、

HMRCは「売上を上げる」企業に対してVAT Number (付加価値税番号)を付与するからです。

VAT Number (付加価値税番号)の本来の目的は、

税金の回収

です。

なので、「還付目的」があからさまだとVAT Number (付加価値税番号)を発行してもらえないケースも多いです。

こちらに関しては、専門家にご相談されるのがよいでしょう。

企業価値を高める

イギリスで様々な顧客や流通相手とビジネスをしていくうえで、「信用度」というのは非常に大事です。

イギリス人でも知っている企業もあれば、日本では有名でもイギリスではピンとこない企業もあります。

また、特に個人で企業を立ち上げた場合は「信用度」はまだありません。

その場合、VAT Number (付加価値税番号)を所得していると、企業としての信用度が高く見られます。

そういった目的で取得される企業もあるようですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KOH GMのアバター KOH GM General Manager
目次
閉じる