【水曜どうでしょうClassic】で放送禁止・自粛になった伝説の企画や内容とは?

「水曜どうでしょう」をリアルタイムで見ていた古参ファンは、「水曜どうでしょう Classic」や再放送の際に、「あれ?あの場面が無いよね?」と違和感を感じたり、「初期のあの企画は無かったことになったの?」と思われているかもしれません。

目次

初期の様々な企画

「水曜どうでしょう」が放送された段階では、「半年で終わる予定」で開始しました。

なので、様々な企画に挑戦していた時期でもあります。

  • アーティストのインタビュー企画(アン・ルイスさん)
  • ビシバシステムとのコント企画
  • 「邪楽戦隊ホワイトストーンズR」のような特撮ドラマ企画

などローカル番組の王道や挑戦的なものもありましたが、「サイコロの旅」が大ヒットした為、消えていきましたね。

その後、サイコロシリーズや海外ロケなど自称「旅番組」(笑)となった「水曜どうでしょう」の番組スタイルとかけ離れているという理由から、「再放送・DVD収録」のどちらもされませんでした

「ビシバシステムのコント企画」に関しては、再編集した上で「HTBオンデマンド」で有料配信されています。

宮崎シーガイアの旅(名称変更後:宮崎リゾート満喫の旅)

「宮崎シーガイア」がPRの為、「水曜どうでしょう」班が招待された企画です。

藤村Dがカメラに映らないにも係わらず、出演者2名分の食事だけでなく、ディレクター2名分も要求したことで彼の知名度(悪名)が一気に上がった企画でもありますね。

番組放送当時は、「宮崎シーガイア」でしたが、その後、経営母体が変わった為、

「水曜どうでしょう Classic」では、未放送
DVDには「宮崎リゾート満喫の旅」と名称を変更し、再編集の上で収録

となりました。

第1回水曜どうでしょうカルトクイズ世界大会

「第1回」と言いながら、2回目以降は無い企画ですね(笑)。

「水曜どうでしょう」マニアの一般人を集めてのクイズ大会だったので、

多くの一般人で実名で出演していた

この頃は、肖像権とかプライバシー保護とか騒がない時代だったので問題ありませんでした。

今の時代は、DVD収録する際には

「全員に確認を取り、承諾を得る」

必要性があり、実質不可能なが目、DVD収録は見送られています。

それだけの苦労をしても「もう一度見たい」というファンも少ない企画でしたし・・・(第2回があるなら出たいけど)。

桜前線捕獲大作戦・十勝二十番勝負

意外と面白い「桜前線捕獲大作戦」(ミスターノリが好き)や、途中から二十番じゃなくなる「十勝二十番勝負」(かなり面白い)は「水曜どうでしょう Classic」では放送されていません。

理由としては、「桜前線捕獲大作戦」の後半から「十勝二十番勝負」の冒頭にかけて行われた・・・

『大泉洋拉致事件』

が現在の放送倫理的に「不適切」と判断されたと推測されます。

まあ、「拉致」っていう名前もですし、大泉洋さんが拉致られるシーンも「水曜どうでしょう」に慣れてない一般視聴者には刺激的かもしれませんからね。

香港大観光旅行

「香港大観光旅行」「水曜どうでしょう Classic」では放送されていません。

この企画冒頭での、

『鈴井貴之拉致計画に見せかけた大泉洋拉致事件』

が現在の放送倫理的に「不適切」と判断されたと推測されます。

あと、当時の視聴者からもこの企画は「大変不評」で理由は、

どうでしょう班が苦労もせずに香港で楽しんでいるだけでつまらない

と半分ジョーク、半分やっかみされたのが原因です。

「苦しんでこそ、どうでしょう」

と言われるゆえんですね。

クイズ!試験に出るどうでしょう

クイズ!試験に出るどうでしょう」は「水曜どうでしょう Classic」では放送されていません。

大泉洋さんの「拉致」
安田顕さんの「監禁」

が現在の放送倫理的に「不適切」と判断されたと推測されます。

DVDでは、

山口県秋吉台の「ドリーネとウバーレ」(カルスト台地)に関する内容がカット

されています。

この内容は、

国定公園内での撮影(自然物を傷つける可能性がある行為)

が放送に「不適切」と判断されたと推測されます。

72時間!原付東日本縦断ラリー

「72時間!原付東日本縦断ラリー」は一部「水曜どうでしょう Classic」では放送されていません。

原動機付自転車(原付)への

過度な積載行為(米が重すぎ、だるま・なまはげとかはOK)

が放送に「不適切」と判断されたと推測されます。

大泉洋さんが、原付で激突した事故、いわゆる「ダルマ屋ウィリー事件」はOK(・・・、ケガしてたらアウトでしたね)。

原付西日本制覇

原付西日本制覇」は「水曜どうでしょう Classic」での放送は全て中止になりました。

更には、出演者(鈴井貴之さん、大泉洋さん)及びディレクター陣(藤村D、嬉野D)から謝罪がリリースされる事態にまで発展しました。

鳥取砂丘での砂採取が、

「自然公園法違反」

であるとして大問題になったのが事の発端です。

ただ、実際は「自然公園法違反」違反では無かったことが判明しました。

というのが、砂丘近くのレストハウスに溜まっていた砂を適当に採取して、

鳥取砂丘の砂

として放送していたからです(どうでしょう班、というか藤村Dらしい)。

それより問題になったのが、砂丘に足あとで

「水曜どうでしょう」と書いた行為

が、「自然公園法」で禁止されている

広告などの掲出

に当たるとして、環境省から厳重注意を受けたことの方が大問題でした。

実際、鳥取砂丘への落書きが問題になっているので、「水曜どうでしょう」としては放送禁止にしたのは当然です。

DVD収録の際には、この問題箇所を削除した上で再編集をしました。

四国R-14(スピンオフドラマ)

隠れた名作である、スピンオフドラマ「四国R-14」「水曜どうでしょう Classic」では放送されていません。

「ミスターどうでしょう」鈴井貴之さんがご自身の映画撮影の為、「水曜どうでしょう」をお休みされました。

企画者不在なので、ドラマでも撮ろうかというノリで制作されたドラマです。

放送されない理由は公式に発表されていませんが、

ドラマ内容がホラーで怖すぎる

ことから、「水曜どうでしょう」ファンから不評を買い、全4回の放送期間中、毎回視聴率が下がっていったという経緯があります。

そういった理由から、放送自粛していると推測されます。

一致団結!リヤカーで喜界島一周

「一致団結!リヤカーで喜界島一周」「水曜どうでしょう Classic」では放送されていません。

問題と言われているのが、途中野宿する際に「毛布があって良かったね」の

毛布が最初に宿泊したホテルから無断で借りてきた

ので、放送に「不適切」と判断されたと推測されます。

それ以外には、喜界島の道路をリヤカー「山田君」で移動していた際、

一部の行為が「道路交通法」違反

の可能性があるとして、「放送自粛」しているとも推測されています。

番組総集編

番組総集編」は大半が「水曜どうでしょう Classic」では放送されていません。

「番組総集編」はHTBの編集室で、VTRを見て振り返る「予算が無くなったやる繋ぎ企画」です(アニメの13話が回想シーンが多いのはこれが理由)。

ただ、「水曜どうでしょう」の総集編は手を抜かずに、出演者がコスプレしたりと気合が入っていて、これはこれで面白いです。

問題となったのは内容では無くて、

当時撮影に使用した「高価な業務用テープ」であったので、一部マスターテープが残っていないそうです。

現在、放送に使用されたテープのみが残っていて、

テロップの張替えなどの再編集が難しい

と説明されています。

ただ、藤村Dは

「総集編」などスタジオ収録のモノだけを集めた商品を発売したい

と息巻いているそうです(商売人ですね)。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KOH GMのアバター KOH GM General Manager
目次
閉じる