村上宗隆の2023年予想年棒は4~5億円?年棒推移や査定の仕方・方法も紹介!

東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手がプロ野球ファンを熱く燃えさせてくれていますね!遂に55号本塁打を放ち、日本記録タイや新記録、そして三冠王にも期待が集まります。この大活躍を受けて気になるのが年棒ですよね。2022年は2億2,000万円ですが果たして来年は?

目次

村上宗隆の年棒推移(2017~2022年)

東京ヤクルトスワローズに入団してからの、村上宗隆選手の年棒推移をまとめてみました(金額は推定)。

  • 2017年:契約金8,000万円
  • 2018年:720万円
  • 2019年:800万円(80万円アップ)
  • 2020年:4,500万円(3,700万円アップ)
  • 2021年:1億円(5,500万円アップ)
  • 2022年:2億2,000万円(1億2,000万円アップ)

村上宗隆選手の年棒ですが、2020年からスゴイ勢いで上がっています。

やはり、2019年からの大活躍が大きな要因ですね。

プロ野球データ Freak

特に、2020年から2021年2021年から2022年の増加した率が・・・

2.2倍

となっています。

村上宗隆の2023年予想年棒は4~5億円?

ここ2年は、年棒増加率が2.2倍ということでしたね。

となると、2023年の年棒は・・・

4億8,000万円(= 2億2,000 ×2.2倍)

となります。

・・・、プロ野球好きの方ならご存じのように、そんな単純には上がりませんよね?

妥当な推定年棒としては・・・

年棒4億円(1億8,000万円アップ)+出来高

ではないでしょうか?

或いは、複数年契約で・・・

3年12億円+出来高
5年20億円+出来高

といった大型契約も予測されます。

単純に今年の成績と業績を考えると、5億どころか、6億でも7億でも出したい(球団の気持ち)や貰うべき(ファンの気持ち)になりますよね?

ただ、勤続年数、他の選手とのバランス、球団の資産状態など色々な要因が絡んできますので、前述した辺りで落ち着くのではないでしょうか?

出来高を付けておけば、村上宗隆選手が想像以上の活躍をされてもそれに見合った収入は得られます。

結果的に5億円以上になる可能性が高いですね。

更には、テレビのCMや出演を球団が許可し、その出演料を加算することで更なる収入になるように調整するのではないかと思われます(オリックス時代のイチローのような)。

ただ、村上宗隆選手は野球に対する姿勢が真摯なので、もしかしたらテレビ出演で練習時間が減るのなら辞退という可能性も高いですね。

個人的には、テレビCMは見てみたいですね。

プロ野球選手の年棒査定の仕方や方法

プロ野球選手の年棒査定の仕方

プロ野球選手の年俸は、各球団独自の査定によって決まります。

球団には選手1人1人の全成績を査定する査定員がいて、

投手なら1球ごと
野手なら1打席ごと

に厳しく採点しています。

プロ野球選手の年棒査定の方法

プロ野球の年俸査定の方法ですが、

加点方式

で行われています。

たとえば、

ヒット:プラス3ポイント
ホームラン:プラス5ポイント
一打逆転の場面でヒットを打つ:更にプラス2ポイント

というように、試合での成績によってポイントが加算されていく仕組みになっています。

野球というのは個人競技ではなく、団体競技です。

なので、どんなに個人成績が優れていても、それがチームの勝利に貢献していない場合は・・・

プラスの評価を受けにくい

となっています。

チャンスの場面でヒットやホームランを打つ

と非常に評価が高く、

ランナーがいない場面でのヒットやホームランを打つ

と評価がそこまで高くなりません。

村上宗隆選手はホームラン数が目立っていますが、打点も高く、また勝利に貢献するヒットやホームランも多いので、年棒もかなり高くなると思われます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KOH GMのアバター KOH GM General Manager
目次
閉じる