FIFAワールドカップカタール2022 日本代表選手応援企画クリック

マクドナルド(マック)の値上げはいつから?対象商品一覧を紹介!理由や海外の状況も調査

スポンサーリンク

日本マクドナルド(通称:マック、マクド)が2022年秋から約6割の商品を値上げすることを発表しました。物価の指標の一つでもあるマックの値段だけに、値上げに至った理由やその背景、更には海外のマックの値上げについても調査してみました。

目次

マクドナルドの値上げはいつから?

日本マクドナルド株式会社は2022年9月26日に、

「価格改定のお知らせ」

が公式サイトで発表されました。

「価格改定」とは、店頭価格(税込)を値上げすることです。

秋と言えば、月見バーガーで盛り上がっただけに今回の値上げには消費者も驚きの声が隠せないようです。

日本マクドナルドが対象商品の値上げを開始するのは・・・

2022年9月30日(金)

からとなります。

マクドナルドの値上げ対象商品一覧と値段を紹介

日本マクドナルドが2022年9月30日から値上げする商品は「全体の約6割」となっています。

今回の値上げでは「店頭価格」だけでなく

「マックデリバリー」宅配サービス
「McCafe by Barista」本格カフェコーヒーやスイーツを提供

の商品も「価格改定」の対象になっていますので、合わせてご紹介致します。

店頭価格

商品名従来価格新価格
ハンバーガー130円150円
チーズバーガー160円180円
チキンクリスプ130円150円
『ちょいマック』バーガー (エグチ・チキチー)200円220円
ダブルチーズバーガー350円370円
てりやきマックバーガー350円370円
フィレオフィッシュ350円370円
えびフィレオ390円400円
ビッグマック390円410円
炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ490円500円
ソーセージマフィン130円150円
エッグマックマフィン200円220円
マックグリドルソーセージ170円200円
マックフライポテトSサイズ:150円
Mサイズ:280円
Lサイズ:330円
Sサイズ:160円
Mサイズ:290円
Lサイズ:340円
マックシェイク(バニラ・ストロベリー・チョコレート)Sサイズ:130円Sサイズ:140円
ハッピーセット(ハンバーガー・プチパンケーキ)470円490円
ハッピーセット(チーズバーガー・チキンマックナゲット・
ホットケーキ・エッグマックマフィン)
500円520円
ひるまック(ダブルチーズバーガー・てりやきチキンフィレオ)550円570円
日本マクドナルド

マックデリバリー価格

商品名従来価格新価格
ハンバーガー150円190円
チーズバーガー180円230円
チキンクリスプ150円190円
『ちょいマック』バーガー (エグチ・チキチー)250円280円
ダブルチーズバーガー390円430円
てりやきマックバーガー390円430円
フィレオフィッシュ390円430円
えびフィレオ430円460円
ビッグマック430円480円
炙り醤油風 ダブル肉厚ビーフ570円580円
ソーセージマフィン160円190円
エッグマックマフィン250円280円
マックグリドルソーセージ200円250円
マックフライポテトMサイズ:340円
Lサイズ:400円
Mサイズ:370円
Lサイズ:430円
マックシェイク(バニラ・ストロベリー・チョコレート)Sサイズ:150円Sサイズ:180円
バリューセット(単品+サイドメニュー+ドリンクMサイズのセット)単品価格+350円単品価格+360円
ハッピーセット(ハンバーガー・プチパンケーキ)520円570円
ハッピーセット(チーズバーガー・チキンマックナゲット・
ホットケーキ・エッグマックマフィン)
550円600円
デリ得 2人用セット1,800円2,100円
デリ得 3人用セット2,500円2,950円
日本マクドナルド

McCafe by Barista 価格

商品名従来価格新価格
エスプレッソフラッペMサイズ:400円
Lサイズ:450円
Mサイズ:420円
Lサイズ:470円
チョコフラッペMサイズ:400円
Lサイズ:450円
Mサイズ:420円
Lサイズ:470円
オレオクッキー チョコフラッペMサイズ:450円
Lサイズ:500円
Mサイズ:470円
Lサイズ:520円
宇治抹茶フラッペMサイズ:450円
Lサイズ:500円
Mサイズ:470円
Lサイズ:520円
マカロン各種
(期間限定フレーバー含む)
170円190円
マカロン (6個ボックスセット)900円980円
マカロン2個&カフェラテセット
(マカロン2個+カフェラテMサイズ)
580円640円
紅茶のシフォンケーキ390円450円
チョコレートタルト390円450円
オレオクッキーロールケーキ390円450円
マシュマロクリームタルト390円450円
日本マクドナルド

対象商品一覧(公式データ)

値上げ対象商品の一覧ですが、日本マクドナルドの公式サイトより引用しております。

主力でお手軽の「ハンバーガー」「チーズバーガー」、みんな大好き「てりやきバーガー」、子供が興奮する「ハッピーセット」なども値上げ対象になっています。

ちなみに以下の商品・・・

「プレミアムローストコーヒー」
「ドリンク(Sサイズ/Mサイズ/Lサイズ)」
「チキンマックナゲット®(5ピース/15ピース)」
「スパイシーチキンバーガー(スパチキ)」
「スパイシービーフバーガー(スパビー)」

は今回の「価格改定」(値上げ)の対象外となっています。

いくら値上げするのか?

日本マクドナルドが今回値上げする額は「店頭価格」に関しては・・・

10~30円(税込)

となっています。

金額自体は10~30円だと小さく感じますが、元々が130円で150円に値上がりするということは・・・

約15.4%アップ

ということですので、やはり「高くなったなあ~」と感じてしまいますよね。

マクドナルドの値上げ理由やその背景も調査

今回の値上げに消費者が驚いているのは、日本マクドナルドが2022年3月に「価格改定」(値上げ)をしたばかりだからです。

わずか半年しか経過していないので、今回また値上げすることになったのにはどういった事情があるのでしょうか?

発表された理由とは?

日本マクドナルドが発表されて「価格改定」(値上げ)の理由は・・・

原材料価格の高騰
人件費の上昇
物流費の上昇
エネルギーコストの上昇
急激な為替変動の影響

などを慎重に検討された結果だということです。

人件費の上昇

1991年~2019年の間の「賃金上昇率」ですが・・・

  • 日本:1.05倍
  • イギリス:1.48倍
  • アメリカ:1.41倍

というデータがあります。

えっ、日本は28年前と賃金がほぼ同じ!?

という驚愕の事実が判明しました。

しかし、2020年代からは・・・

人材不足
物価の上昇
最低賃金の見直し(先進国として問題)

などの理由から賃金が上がる傾向にあります。

日本マクドナルドも大企業として、従業員の生活を考え賃金を上げたのだと思います。

結果、人件費が上がるのは避けられない状況でしょう。

物流費エネルギーコストの上昇

経済産業省・資源エネルギー庁が、

原油をはじめとするエネルギー価格の高騰
日本の企業物価指数は2021年2月に前年同月比9.3%増
第二次石油危機の1980年12月(10.4%)以来の歴史的な上昇率
(引用元:経済産業省・資源エネルギー庁

と発表しています。

やはり、エネルギーコストの上昇で物価が上がっているようで、日本マクドナルドも避けることはできなかったようです。

急激な為替変動の影響

日本円は世界の他の国の通貨の中で、値下がり幅が大きいです。

日本円は米ドルに対して

4.3%値下がり

しました(9月7日までの為替レートを見ると)。

2022年1月から9月7日までのデータですと、日本円は米ドルに対して・・・

20%の大幅な値下がり

となっています。

原材料が輸入に頼っている為、原材料価格も高騰したようです。

海外のマクドナルドの状況は?

ハンバーガーの値上げをしているのは、日本マクドナルドだけなのでしょうか?

筆者が住んでいるイギリスについても調査してみました。

2022年7月27日のREUTERS(ロイター通信)によりますと・・・

McDonald UK(英国マクドナルド)「チーズバーガー」の値段を20%上げることに決めました。

値段の変化ですが・・・

99p(約154円) → £1.19(約185円)

という感じで、約30円の値上げでした。

また他の商品も大体

10p(約15.5円)~ 20p(約31円)

の値上げをしました。

これには英国民は驚きました。

というのも、14年間同じ値段だったからです。

日本では2022年、2回値上げをしていたのに対して、14年間一度も値上げがなかったので驚きました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる