FIFAワールドカップカタール2022 日本代表選手応援企画 クリック

【ゴールデンオーブ作戦】国王チャールズ3世の戴冠式の日程は5月6日!費用と内容を紹介!

スポンサーリンク

イギリス国王チャールズ3世の戴冠式(Coronation)が2023年5月6日に執り行われると発表されましたね。気になるのはその費用や簡素化される内容ですが、ご紹介致します。また、「ゴールデン・オーブ(金の宝珠)作戦」についても調査しました。

目次

戴冠式(Coronation)とは?

イギリス国王や女王の「戴冠式」(Coronation)1000年近い歴史があります。

1066年以降、「ウェストミンスター寺院」カンタベリー大主教によって執り行われてきました。

世界中の王族や国家元首達が招待され参列している中、

国王は戴冠の宣誓

を行い、カンタベリー大司教によって

聖油を注がれる
祝福される
聖別される

という儀式を受けます。

イギリス国王や女王はこの儀式の時に、

聖エドワード王冠

を頭上に載せることになります。

聖エドワード王冠」は、全ての王冠の中でも最も神聖なものとされています。

聖エドワード王冠」は、22金でできていて、

ダイヤモンド
ルビー
アメジスト
サファイア
ガーネット
トパーズ
トルマリン

といった宝石が装飾されています。

戴冠式(Coronation)の費用とその簡素化される内容は?

戴冠式(Coronation)の日時と場所は?

バッキンガム宮殿は報道関係者に対して、国王チャールズ3世の戴冠式は、

2023年5月6日にウェストミンスター寺院(ロンドン)で執り行う

と公式発表しました。

当日は、カミラ王妃も同時に戴冠するとのことです。

戴冠式(Coronation)の費用は?

1953年の「エリザベス2世女王の戴冠式」の費用は、

157万ポンド(現在価値で約73億円)

と言われています(全額税金、つまり国民負担)。

この戴冠式は3時間にも及んだ為、壮大な儀式となり費用も掛かりました。

現在、イギリスの物価は高騰していて生活費は非常に切迫している為、費用を抑えるように

壮麗さや豪華さを抑えた儀式(時代の精神を反映した)
宗教儀式としての要素は保つ(歴代国王・女王同様)

といった内容に簡素化されるようです。

正確な費用はまだ発表されていませんが、

3分の1程度まで縮小(約1時間)

だと推測しますと、

約50万ポンド

ぐらいまで費用を削減するのではないでしょうか?

「ゴールデン・オーブ(金の宝珠)作戦」とは?

準備中

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KOH GMのアバター KOH GM General Manager
目次
閉じる