FIFAワールドカップカタール2022 日本代表選手応援企画 クリック

プロ野球選手の成功基準とは?黒田次郎准教授の研究データを紹介!

イギリスではフットボール(サッカー)やクリケットが大人気ですが、日本はやはり野球ですよね?プロ野球球団に入団することはスゴイことですが、その中でも「プロ野球選手」として成功と言える基準は何でしょうか?黒田次郎准教授の研究データをご紹介します。

今回は、

黒田次郎准教授(近畿大学産業理工学部経営ビジネス学科)の研究データ

をご紹介致します。

目次

黒田次郎准教授とは?

黒田次郎准教授「近畿大学産業理工学部経営ビジネス学科」に所属されています。

アカデミックの高度な視点から、

プロ野球のドラフト制度
スポーツと国際交流

について研究されています。

黒田次郎准教授はプロ野球の球団に勤務する機会を得られ、野球の国際化を目指されている偉大な方です。

また、諸外国で野球の普及活動に従事されているそうで、応援したいと思います。

ヨーロッパはオランダが野球が盛んで有名で、元東京ヤクルトスワローズのバレンティン選手はオランダ出身ですよね。
イギリスはそれほどでもないですが、実は隠れた野球国(メジャーリーグの開幕戦をやったり)です。

黒田次郎准教授の研究データ

黒田次郎准教授が2004~2013年のプロ野球球団に入団選手(育成含む)の平均在籍年数を研究した結果・・・

プロ野球選手の寿命は平均4.5年

というデータが算出されました。

黒田次郎准教授は

プロ野球選手を通算成績で統計学的に4段階に分類

した上で、

上位25%の層の成績を算出されました。その結果、

投手:「28勝以上」
野手:「427安打以上」

になったそうです。

黒田次郎准教授は、

「通算28勝と聞くと、少しやれば達成できそうに思えるが、実際はすごく難しい」
成績上位25%に入っている選手は、プロとして成功者といえると思う」

と語られています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KOH GMのアバター KOH GM General Manager
目次
閉じる