FIFAワールドカップカタール2022 日本代表選手応援企画 クリック

【水曜どうでしょう】激走!24時間 大泉 洋くん闘痔の旅、湯治の旅とはならず「恐山」で痔エンド

スポンサーリンク

サイコロ1で大泉洋さんが寝台列車で座席に座らされそうになった際、「自分は痔なんです」と告白したことから痔であることが発覚。そんな大泉さんの痔を治す為の湯治の旅、もとい闘痔の旅が企画されました。どうでしょうらしさが確立する前の貴重な回ですね。

目次

激走!24時間 大泉 洋くん闘痔の旅 全行程

1996年11月9日、HTBに集まった「どうでしょう班」と呼び出された大泉洋さん。

しかし、大泉洋さんは特にご不満の様子。それもそのはず、時間は・・・

午前3時7分!

早朝ロケ・・・、というよりは深夜ロケですね(笑)。

こういうムチャな企画が「水曜どうでしょう」の特徴ですが、既にこの頃からこういうノリです。

さてこの後、以下のような行程で北海道内の色々な温泉に行きます。

  • 薬師温泉
  • 二股ラジウム温泉
  • 平田内温泉
  • 水無海浜温泉

この時点で午後3時。しかし、まだロケは続きます。

函館市からなんとフェリーで青森へ

青森県の八甲田山中にある、

酸ヶ湯温泉(まんじゅう蒸し)

に到着したのが、午後11時!

それでも、まだ最後の目的地

「恐山」がある下北半島

を目指します。

日が明けた午前2時、遂に最終目的地に到着!

ロケ開始からほぼ24時間が経過した過酷な旅でした。

そして「どうでしょう班」が見た「恐山」の光景は・・・

閉山

の看板が・・・。

正に無計画なロケでした。

普通、番組ディレクターは事前に確認を取るものなのですが、藤村Dの行き当たりバッタリ感がでましたね。

これは今後、反省されることなく、事前確認をしないスタイルが続けられます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

KOH GMのアバター KOH GM General Manager
目次
閉じる